阪急三国駅から徒歩3分の鍼灸院 | めまい・突発性難聴・頭痛・五十肩・腰痛・顔面神経麻痺

腰痛・坐骨神経痛

 

症例1 2年前から坐骨神経痛に悩まされている

 

 患者

……………………………………………………………………………………………………

70代 女性 大阪市淀川区在住 鍼灸経験あり

 

 来院

……………………………………………………………………………………………………

令和3年 7月

 

 症状

……………………………………………………………………………………………………

2年前くらいから右腰から脚にかけて痛みが出てきた。

整形外科に行くと「骨には異常はない。坐骨神経痛です」と診断され、リハビリに1年間程通うが、あまり症状の改善が見られない。

最近になり痛みが強くなり痺れも出てきたので、たまたまチラシを見て当院に来院された。

右の臀部から太ももの裏にかけて痛みと痺れがある。

 

 施術と経過

……………………………………………………………………………………………………

1診目

右の腰部に顕著な圧痛あり。

腰の動きを確認すると、腰を反った時に痛みと痺れが強くなったため、この動きに注目した。

腰の圧痛に対して、臀部に鍼をした。痛みを確認したところだいぶ軽減された。

次に手の甲のツボに鍼をしたら痛みはほぼなくなった。

痺れに対して対応する腰部のツボに置鍼をした。

腰を反る動きに対して膝の裏のツボに鍼をして仕上げた。

動きの確認をすると、痛みはなくなったが痺れは少し残っていた。

しかし、施術前に比べるとだいぶ軽減されているとのこと。この日はこれで施術を終える。

 

2診目(3日後)

痛みと痺れが少し感じる程度である。前回同様に動きの確認をして対応するツボに鍼をした。腰のツボに置鍼をした後に痺れが感じられなくなった。

 

3診目(3日後)

2診目以降は非常に調子が良い。痛みが少し気になる程度で痺れはない。

施術後、痛みも消失したので治療を終了した。

 

 使用した主なツボ

……………………………………………………………………………………………………

脾柱R、精霊R、L5(1)R、玉天R、陰谷R

 

 考察

……………………………………………………………………………………………………

腰部の圧痛と腰の動きに注目して各々に対応するツボを使用した。

腰部ー臀部の連動を利用し過緊張を取り除くと下肢の緊張も緩和した為、この部が原因と思われる。

  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日カレンダー
    « 2022年10月»
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    • 休診日
    • 午後休
  • アクセス
    品川駅からカポスまでのアクセス

    阪急三国駅徒歩3分
    三国オフィス 3階
    国道176号線沿い
    回転寿し とれとれ屋の
    駐車場隣りのビル

  • ブログ
    スタッフのブログ
  • お気に入り